実績で選ばれる明大前英語個別指導塾 得点アップ事例入試合格事例多数 英語4技能を身につける基礎力重視

中高英語 エイム英語学習室中高英語 エイム英語学習室

京王線・井の頭線 明大前1分
TEL:03-5329-2551 京王線・井の頭線 明大前1分
HOMEエイム英語学習室とは>英語を得意にするために>目指すは平均+20点以上

エイム英語学習室とは

英語を得意にするために

目指すは平均+20点以上

平均クリアから、平均+20点以上へ!

エイムでは、前回試験の反省から克服課題を探り、次の試験の目標点を掲げて対策指導していきます。入室直後一気に30点、50点の大幅アップも実現。入室後、平均点より10点以上、さらに20点以上へという流れが生まれ、自己ベストを更新していきます。

★得点アップ体験で、気持ちも弾んで英語好きに

次の試験の目標点目指して試験対策

 エイムでは、前回試験で間違えた問題にのみ再度取り組み、生徒本人は反省を、講師は次回への課題を提示、目標点を設定していくテスト反省をテスト後のレッスンで行います。テストのどこでどう間違えていたかを振り返りながら、失点の原因を探って克服課題を生徒と講師で共有し、目標点に向かって次の試験の試験対策学習を進めます。エイムが目標とするのは、平均+20点以上! 得点アップを体験すると、何よりも英語が楽しくなります。嫌いな教科でなくなっていきます。

早咲きと遅咲きの違いはあります

 入室直後いきなり、50点以上上がって、本人も親も、そして学校の先生までもが「どうした?」と、驚いたと耳にしたことがあります。こうした早咲きの大幅アップ事例は珍しくなく、エイムではむしろ当然のことのように受け止めています。
 入室後2週間後の定期試験で5点しかのびなかった(平均差では+7点)中3生(学校教科書ニュー・トレジャー)のお母様が、「点が上がってうれしい!」とおっしゃってくださり、かえって恐縮したことがありました。その後は、平均+10点以上を維持。
 一方、平均以下から、入室後半年位たってやっと平均を超えて、そこからは安定という晩成型もありますので、エイムの入室面談時にお父様お母様に申し上げているのは、一般的に「半年までは我慢してください!」

習熟度別クラス・アップも

 入室時、平均以下で習熟度別クラスは下から2番目だった中2生(学校教科書ニュー・トレジャー)が、入室後半年近く伸び悩んでいましたが、復習が進んで学校の予習もできるようになった半年過ぎあたりからメキメキ力をつけて、平均を越えて引き離し、1年後にはついに92点をとってクラスで1番になり、習熟度別クラスも最上位に、という遅咲きの事例もあります。

★高得点は推薦入試合格をつかみ、一般入試突破でも切り札に!

第一志望合格をつかみ取る

 安定して高得点を維持していけると、内部進学合格はじめ推薦合格の門が開かれます。高1、エイムに入る前の二学期中間がR38G44と振るわなかった生徒が、高2では平均以上、80点台までとれるようになり、高3では習熟度別クラスも上がり、内申点も上げることができ、指定校推薦で志望大学に合格できました。
 苦手な英語を平均以上にして内申点を上げ、念願の国公立大学に推薦合格できた生徒もいました。
 一般入試でも、高3入試前までエイムに通った生徒のなかで、「どこがわからないのか、わからない」と高1夏エイムに入室した生徒が、入室前R35G50から入室直後R85G68へと一気に挽回し、その勢いに乗って高2の学年末ではR93をとり、センター試験で188点をとって第一志望の国立難関大に合格しました。

体験者の声

赤点を倍増させて内申点を上げ、指定校推薦合格を獲得

★ご本人★
高校1年の夏に入塾したのですが、当初はbe動詞と一般動詞の区別も出来ないくらいで定期考査も赤点ばかりでした。焦りを感じて入塾し、約1ヶ月後の考査ではもう赤点ではなくなり、学校の授業も理解できるほどになっていました。
私は基礎からつまずいてしまっていたので中学1年生レベルからやり直し、一つ一つ着実に穴を埋めていくことで飛躍的に実力が上がったように思えます。  
その結果、高校2年生の期末テストでは入塾前の倍の点数をマークできました。学校の習熟度別のクラスでは高校2年生からずっと1番上のクラスに在籍することができましたし、一番苦手だった英会話では5段階で1番上の成績をもらえました。
目に見えて向上していくのを感じられたことがまた原動力につながったのかなと思います。  
入塾前は考えもしなかった指定校推薦をいただけたのも英語の成績が上がったおかげです。
分からない所が分からないという救いようのない所からのスタートでしたが「分からない」と言える環境があったからこそ、今があるように思えます。ありがとうございました。
★お母様★
中学受験を終え、充実した学校生活を送っていましたが、高校生となり、その先の進路のことを考えると英語の成績が良くないことは明らかでした。
本人が塾に行きたいと言うまで、こちらからは一切声をかけず見守っていましたが、高校一年生の夏に初めて本人から「通塾させてください」と懇願され、エイムに通うことになりました。
こちらの塾を選んだのは、子供のレベルに合わせて指導してくださること、定期テスト対策、アクセスの良さからでした。
娘は中学一年生からやり直すこととなりましたが、基礎が理解していなかったので、通塾のたびに、点と点がつながって線となるように、今までわからなかったことが理解できたと、毎回、嬉しそうに話してくれました。
高校二年生の途中からは、学校での習熟度別クラス分けも一番上のクラスとなり、今では英語が得意科目となっているようです。
エイムに三年間お世話になり、先生方には本当に感謝しております。
ありがとうございました。(体験記)

聖心女子大学文学部進学 昭和女子大付属高卒

英語を得意にするために


TOP