実績で選ばれる明大前英語個別指導塾 得点アップ事例入試合格事例多数 英語4技能を身につける基礎力重視

中高英語 エイム英語学習室中高英語 エイム英語学習室

京王線・井の頭線 明大前1分
TEL:03-5329-2551 京王線・井の頭線 明大前1分
HOME>エイムはここが違う>エイムのこだわり>小6からでも遅くない

エイムはここが違う

小6からでも遅くない

「小6からでは遅い?」

━━時期より、国語力が問題です。

より早く始めれば、中学校に進んで定期試験の英語で高得点がとれる保証には必ずしもなりません。せいぜい中1の1学期くらいまでは『貯金』が効いても、2学期くらいからつまずき始めることがよくあります。国語力が弱いと、英語学習の壁になってしまいます。

★より早く始めれば高得点がとれる、とは限りません。

早ければ有利とは言えません。

 実際に、幼稚園時代から英会話をやってきたとか、小学校1年から英語の教室に通っていたとか、学習歴は長いにもかかわらず、中学に入って定期試験では苦戦し、英語の点数は平均以下になってエイムにやってくる生徒が多いのも事実です。日常会話表現が言えても、英語を理解して覚えているというより、セリフに過ぎず、書く力が伴っていないことが多いものです。

十分な国語力こそ英語学習の前提

 母語である日本語での表現力や読解力が十分備わっていない段階で、外国語としての英語に触れても、オウム返しに英語を言って英語表現への慣れを醸成するだけだと考えています。勿論、それが有効だという議論もあり、英語でのコミュニケーション力重視の風潮の追い風もあって英語の早期教育が過熱ぎみですが、エイムでは、教科としての英語で苦戦する生徒たちの立場に立って考えています。従って、学年によらず、外国語を学ぶ国語力の素地、すなわち、文法に則って理解して表現できる確固たる土台となる国語力が十分あると認められる段階に達していれば、英語学習の好スタートが切れると考えます。

体験者の声

中1からのスタートでも得意教科

★お母様★
中学1年よりご指導いただいております。 
娘のまわりは小学校から英語塾に通っている友達がほとんどでしたので、進学するにあたり差が出るのではと不安はありました。エイムでのまちがった所の繰り返しの指導が娘はわかりやすいと言っております。
エイムの前に3ヶ月程ちがう塾におりましたが、そこは先生の出された問題を解いて丸付けをするだけの指導だった様で全くちがうというのが(エイム入室)当時の感想でした。
中3の今、英語に対する苦手意識はあまりない様です。家では主に読む聴くを中心に進めている様です。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。(原文のまま掲載)

在籍生(中3)

★日本語の力不足が英語学習に影を落とす

問題文の読み取り不足がミスを招く

 試験の答案上でも、日々のレッスンにおいても、問題文の日本語の読み取り不足が英作文のミスを引き起こしていることは日常的に多発する現象です。英語と日本語の言語表現形式の根本的な違いに戸惑いながら、生徒たちは、日本語にも英語にも共に手探りで取り組んでいるという印象を強く受けます。英語を学びながら、日本語の壁にもぶつかっています。
 英語学習をサポートすることは、日本語力を伸ばしていくことでもあると実感しています。

例1 日本語の隠れた主語は英語では?

 例えば主語のない日本語の文を英作するとき、英語では主語に何を立てるかが問われますが、隠れた日本語の主語を類推し、かつ、英語の主語の概念を習得しておくことも必要です。

例2 「する」(能動)のか「される」(受動)のか?

 中学生高校生を問わず、受動態(受身)自体の演習では正答できても、分詞の形容詞的用法で現在分詞か過去分詞かの使い分けで混迷。知覚動詞・使役動詞の構文でも同様、さらに分詞構文でも同様の現象はよく起こります。日本語では能動か受動かを明確にしなくても済む場合があることが、このつまずきの背景にあるかもしれません。

例3 形容詞か副詞か?

 入門期の英語から「形容詞なので~」「副詞なので~」という説明表現が飛び交い、曖昧なまま過ぎ、中学2年で不定詞の三用法の区別で混迷。さらに文型把握でも迷走。高校2・3年生でも、形容詞と副詞の区別がつかないことはざら、というのが多くの生徒の現実。日本語で形容詞と副詞の区別が明確についていると、英語学習はもっと楽になると思います。

★国語力を鍛えておくことが、英語学習の助走

読書と作文で国語力を磨く

 中学に入って、定期試験で英語の点数に一喜一憂することを思えば、小学校時代は読書と作文にしっかり取り組んで国語力を身につけ、中学から本格的になる英語学習に備えていくべきだと思います。英語嫌いにしないためにも、国語力が備わる適切な時期から、読んで、書けて、言えて、聞ける英語力を正攻法で身につけていく必要があるのではないでしょうか。

小6では中学英語の準備学習

 エイムでは、一般的には小学校6年生から受け入れ、アルファベットから進学先の中学の英語内容にスムーズに入れる準備学習を行います。これまで、小学校5年生でもエイムでの学習を無理なく効果的に行った生徒はいましたので、個人差はあると思います。

★大学入試長文の訳読でも、国語力が問われます。

意味不明な和訳にならないために

 帰国生で英文の内容がわからなくて困ることはないのに、模試の和訳では減点ばかりとか、大学受験生で、模範解答の和訳と同じ内容を書いたつもりなのに、減点されて首を傾げる、ということはよくあります。実際に彼らの和訳をみると、『てにをは』の間違いから、句と節の区切り目の把握が曖昧なのに、強引につないで和文を書いて間違えたりしています。和訳の日本文が全く意味不明なことさえあります。
 自分の訳文を読んで日本語として意味を成しているかどうかを検証する力が必要。また、訳文が長文全体の論旨や文脈に沿っているか検証する力も必要で、思考力を伴う広義の国語力が問われます。
 エイムでは、構文読解演習や長文の下線部訳の演習時、誤読の原因を追究して誤りを正して直訳を確認後、文脈を抑えて意訳へと導きます。英文の正確な分析力と和文への表現力を磨きます。

体験者の声

苦手な和訳を強化

★ご本人★
個人指導だったので、苦手な和訳を重点的に問題をセレクトしてもらえて集中的に指導していただけたのが役に立ちました。苦手分野を発見したい人、個別に細かく指導してもらいたい人にエイムはお勧めです。(体験記 原文のまま〉
★お母様★
熱心に英語の討論をしてくれて、納得がいくまで説明してくれる。そんなことをやってくれるところは他にはないのでは。(体験談)

東京医科歯科大学医学部進学 海城高卒

エイムのこだわり


TOP